会員登録

商品カテゴリ

日本児童書出版協会
bargainbook.jp

『リボン』

2021年02月25日 紹介されました
さく:アドリアン・パルランジュ

 - - - - - - - - - - - - - - - - - -

絵本の「のど」の下部に黄色いリボンがついていて、ページをめくるごとに、そのリボンをさまざまなものに見立てて遊べるようになっているしかけ絵本。
表紙では新体操のリボン、1見開き目では風船のひも、他の見開きでは綱渡りの綱、ポットに注がれる飲み物、皿の上のパスタ、脱走のロープ…。
蛇の舌やねずみのしっぽの場合は、ゆらして遊ぶことができ、稲妻は、空に自分で稲妻を作ることができる。ユーモアのセンスがあり、デザインとアイディアに優れている。
2018年ボローニャ・ラガッツィ賞ノンフィクションの部優秀賞受賞。

 - - - - - - - - - - - - - - - - - -

おすすめ!世界の子どもの本 2020 / 日本国際児童図書評議会